乳幼児によくある突発性発疹もヘルペスが原因

1歳から3歳の間に突然熱が出ることがあります。特に風邪の症状がないのにも関わらず高熱が出ることがあるのですが、これはヘルペスのウイルスが原因で起きている突発性発疹という病気である可能性が高いです。見極めは口内炎です。

 

ヘルペス性の口内炎について

ヘルペス性の口内炎、これは高熱が最初に出るのですが、その時はまだ口内炎の症状は見られません。その後数日たって熱が下がってきたくらいに、複数の口内炎が口の中にできてしまうことが特徴です。

場合によってはご飯が食べられないほどの痛みを伴う口内炎ができます。人によっては出血を伴うほど痛みを感じることもあるとのことです。しかし感染した乳幼児全員に高熱と口内炎が現れることではありません。人によっては高熱だけで終わることもありますし、発疹ができて終わりであることもあります。

 

なぜ発症するのか

なぜ突発性発疹になるのか、それはヘルペスウイルスの単純ヘルペスウイルス1型に感染したからです。

生まれて間もない赤ちゃんでも発症することもあり、多くが外から感染してきたのではなくて、親や家族から感染したと言われています。家族や大人がもっている口唇ヘルペス、口内炎が赤ちゃんにうつったことによって発症することがあります。

 

家庭で注意すべきことは?

赤ちゃんが居る家庭で突発性発疹に赤ちゃんがかかったら気をつけるべきことがあります。それはウイルスは1週間程度排出され続けますので、接触感染で親や周囲の大人がうつる可能性があります。

特にストレスや疲労から疲れがたまっている人等はうつりやすく、感染しやすいですので、赤ちゃんが触った部分や口に入れたものは綺麗に洗って接触しないようにしましょう。

突発性発疹もヘルペスウイルスが原因になって発症していたのです。

ピックアップ記事

  1. 1歳から3歳の間に突然熱が出ることがあります。特に風邪の症状がないのにも関わらず高熱が出ることがある…
  2. ヘルペスウイルスが原因となることの一つに角膜ヘルペスがあります。角膜ヘルペスは、症状としては上皮型、…
  3. ヘルペスウイルスに感染すると様々な症状が起きますので、できるだけ感染しないことが重要です。ヘルペスウ…
  4. ヘルペスウイルスが原因になっている帯状疱疹についてここではみていきましょう。帯状にできることから帯状…
  5. 性器ヘルペスを知っていますか?性器ヘルペスというのは性器にヘルペスウイルスが感染している症状のことを…

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP