ヘルペスが原因の帯状疱疹について

ヘルペスウイルスが原因になっている帯状疱疹についてここではみていきましょう。帯状にできることから帯状疱疹と言われているのですが、水膨れがまとまって帯状に出来ています。とても激しい痛みを伴うことがほかのヘルペスとの違いです。

 

最初は見た目に違和感がない

最初は衣服に負けているのかと思う程度の違和感で、それほど見た目には違和感を感じないことが多いようです。神経痛のような、衣服にまけてチクチクしているような痛みがあります。それが数日続くのですが、その後よく見ると水膨れが大量にまとまって出来ています。水ぶくれは大量にできているので一瞬見て驚く人も多くまるでイクラがまとまってついているかのような見た目です。

 

痛みが強くなる

ウイルスは神経をとおり皮膚に出てきて水膨れを作っていますが、この時点が一番痛みが激しいと言われています。水ぶくれは破れてだんだん皮膚はただれてきますがかさぶたに数週間でなります。完治までには3週間以上はかかるでしょう。帯状疱疹ができる場所というのがあり、顔、腹部、背中等にできやすいでしょう。特徴としては、体の左右のどちらかにできやすく、真ん中にできること等が少ないでしょう。

 

皮膚症状が治まったとしても、

皮膚の症状が一度治まったとしても、帯状疱疹後神経痛という神経痛に悩まされることがあります。これは後遺症として長期間続く人もいますので、できれば早めに帯状疱疹になった時点で治療を受けることをおすすめします。悪化すると後遺症につながりやすいのです。

帯状疱疹はもともとはヘルペスウイルスの中でも幼少期に発症した水疱瘡のウイルスが原因で起きます。免疫力が下がったとき等再発しやすいですから注意が必要です。

ピックアップ記事

  1. 1歳から3歳の間に突然熱が出ることがあります。特に風邪の症状がないのにも関わらず高熱が出ることがある…
  2. ヘルペスウイルスが原因となることの一つに角膜ヘルペスがあります。角膜ヘルペスは、症状としては上皮型、…
  3. ヘルペスウイルスに感染すると様々な症状が起きますので、できるだけ感染しないことが重要です。ヘルペスウ…
  4. ヘルペスウイルスが原因になっている帯状疱疹についてここではみていきましょう。帯状にできることから帯状…
  5. 性器ヘルペスを知っていますか?性器ヘルペスというのは性器にヘルペスウイルスが感染している症状のことを…

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP