ヘルペスに感染しないためには

ヘルペスウイルスに感染すると様々な症状が起きますので、できるだけ感染しないことが重要です。ヘルペスウイルスは自分で予防することは可能なのでしょうか?ここでは予防について考えていきたいと思います。予防は十分可能です。

 

ヘルペスは感染力が強い

ヘルペスウイルスはとても感染力が強いですので、症状があらわれている、つまり水ぶくれ等が出来ているときはほかの人にうつらないようにする必要があります。一回でも口唇ヘルペスになったことがある人においては再発しないことが重要です。再発は、免疫力が低下したことによって再発しますので、免疫力の低下に気をつける必要があります。

 

患部に触らない

患部は水膨れになっていることが多く気になるかと思います。しかし患部にはむやみに触らないようにしましょう。もし触ったらその後はほかの部分を触る前にすぐに手を洗いましょう。口唇ヘルペスにかかっている人が身近に居る場合は、その人が使用したタオル、グラス等は一緒に共有しないようにしましょう。スプーン等も同様です。洗剤でよく洗う必要があります。

 

免疫力を落とさないためには

免疫力を落とさないことが重要ですが、免疫力を落とさないためにはどうすればいいのでしょうか。そのためには疲れを溜めず急速をしっかりと取ることです。リフレッシュしてストレスを避けることも重要です。栄養バランスを考えた食事を摂取すること適度に運動をして気分をリフレッシュさせることも重要です。できるだけ早寝早起きの習慣をつけましょう。

免疫力を下げることが一番再発や感染につながることですので、日頃から免疫力を下げないように注意して過ごす必要があるでしょう。感染しない予防が重要です。

ピックアップ記事

  1. 1歳から3歳の間に突然熱が出ることがあります。特に風邪の症状がないのにも関わらず高熱が出ることがある…
  2. ヘルペスウイルスが原因となることの一つに角膜ヘルペスがあります。角膜ヘルペスは、症状としては上皮型、…
  3. ヘルペスウイルスに感染すると様々な症状が起きますので、できるだけ感染しないことが重要です。ヘルペスウ…
  4. ヘルペスウイルスが原因になっている帯状疱疹についてここではみていきましょう。帯状にできることから帯状…
  5. 性器ヘルペスを知っていますか?性器ヘルペスというのは性器にヘルペスウイルスが感染している症状のことを…

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP