角膜ヘルペスについて

ヘルペスウイルスが原因となることの一つに角膜ヘルペスがあります。角膜ヘルペスは、症状としては上皮型、実質型の二つの種類があります。種類によって症状の表れ方が違っていますので注意が必要です。ではどのような症状なのか見ていきましょう。

 

角膜ヘルペスとは?

角膜ヘルペス、これはその名のとおり目の角膜の部分にヘルペスができることをいいます。

症状としては涙が出て止まらない、目が充血してしまう、ゴロゴロと違和感がある、目得にくくなることが症状です。花粉症やアレルギーなどの症状に似ているので間違いやすいのですが、角膜ヘルペスは片方の目だけで発症することが多く、花粉症やアレルギーなら両目に発症するといえるでしょう。

 

角膜ヘルペスの種類

角膜ヘルペスの種類は上皮型と実質型があります。角膜の表面にウイルスが増殖していく場合には上皮型と診断月期角膜の内側にウイルスがはいって黒目が濁ってしまうことを実質型といいます。

いずれの場合でも薬を使って治療をすることになりますが、治療を中途半端にしてしまうと再発が繰り返される恐れがありますので、角膜への影響も大きくなります。

 

原因は?

角膜ヘルペスの原因、それは、外から何らかのウイルスが感染したわけではありません。もともと体の中に潜んでいた単純ヘルペスウイルスが原因となって発症しています。目の奥の角膜の知覚を操作している三叉神経節にウイルスがいることで免疫力が下がったときに発症しやすいと言われています。

発症したら適切な治療を受けなければ、再発につながりますし、角膜を傷つけて最悪の場合には失明するおそれもありますので、しっかりと対処しなければ行けません。目に違和感があったら早めに眼科へ行きましょう。

ピックアップ記事

  1. 1歳から3歳の間に突然熱が出ることがあります。特に風邪の症状がないのにも関わらず高熱が出ることがある…
  2. ヘルペスウイルスが原因となることの一つに角膜ヘルペスがあります。角膜ヘルペスは、症状としては上皮型、…
  3. ヘルペスウイルスに感染すると様々な症状が起きますので、できるだけ感染しないことが重要です。ヘルペスウ…
  4. ヘルペスウイルスが原因になっている帯状疱疹についてここではみていきましょう。帯状にできることから帯状…
  5. 性器ヘルペスを知っていますか?性器ヘルペスというのは性器にヘルペスウイルスが感染している症状のことを…

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP