ヘルペスの種類・症状・原因

ヘルペスができる原因って何?

ヘルペスは感染すると痛みを伴い水膨れにもつながりますので厄介な病気です。ヘルペスはただの皮膚の病気ではありません。水ぶくれができることでただの皮膚の病気だと思っている人もいるのですが、実際は感染症なのです。

 

ヘルペスの原因は?

ヘルペスの原因、それはヘルペスウイルスです。ヘルペスウイルスというウイルスが体の中で悪さをすることで症状が色々と現れるのですが、このウイルスはとても種類が多く8種類あると言われています。

ヘルペスウイルスは誰でも実は一般的に感染したことがあると言われているウイルスではあるのですが、水疱瘡のウイルスと同じだということは知らない人も多いでしょう。

ヘルペスのウイルスの中で単純ヘルペスウイルス1型と言われる種類は、7割から8割の日本人ならうつったことがあると言われているのですが、万が一感染していたとしても普段のときは症状があまり現れないという人も多いと言われています。しかし疲れがたまったり、ストレスがたまったりして免疫力が下がってしまうと感染力が上がり、ウイルスが大量に放出される水ぶくれができてしまいます。この水膨れに触ったことで免疫がない人は感染につながる恐れがあります。

 

皮膚の症状が改善されても

皮膚の水膨れなどの症状が改善されたとしても、実はヘルペスウイルスは駆除された訳ではありません。ヘルペスウイルスはそのまま体の中にい続けます。

体力が落ちたりストレスが溜まったりして、免疫力が下がったときに再発してしまいます。ヘルペスウイルスはひどい人になると頻繁に再発する可能性がありますので注意が必要です。

 

ヘルペスは種類が色々

ヘルペスは先ほどもいいましたが8種類程度あります。どの種類のウイルスにかかったのか、それによって症状も違いがあります。

単純ヘルペスウイルスは、口唇ヘルペスや性器ヘルペス、帯状疱疹等が有名です。これらは身近に起きると言われています。

単純ヘルペス2型は性器ヘルペスの別の症状にもつながります。エプスタインバーウイルスというウイルスがありますが、それは伝染性単核症という症状になります。

また赤ちゃんが生まれて初めて熱を出す時に突発性発疹にかかると言われてますが、その原因菌もヒトヘルペスウイルス6または7となっています。他にも怖い病気として知られているカポジ肉腫もヒトヘルペスウイルス8というヘルペスの種類と言われています。

 

治療から完治まで

治療をすればだいたい2週間程度で症状は改善していきますので安心してください。しかし治療をしなければ悪化しますし、悪化してしまうと完治は難しくなります。

水ぶくれができて、治療を怠れば、その水ぶくれの中にウイルスが大量にいますので、その大量のウイルスをほかの場所にうつしてしまうことになりますので注意が必要です。自力で治療ができると思っている人がいるのですが、確かにそれほどひどくなければ自然に水ぶくれはかさぶたになりますので皮膚の症状は治るでしょう。

しかしウイルスそのものは増殖を続ける恐れもありますので注意が必要です。神経痛が悪化して一生神経痛に悩まされる事態になる人もいますので十分注意が必要です。甘く見て入院治療を余儀なくされる人もいるのです。

ヘルペスができる原因は、ウイルスですので、ウイルスに効果がある薬を服用しなければ悪化につながります。適切な治療を受けるためにも、早めに病院へ行くことをおすすめします。

ピックアップ記事

  1. 1歳から3歳の間に突然熱が出ることがあります。特に風邪の症状がないのにも関わらず高熱が出ることがある…
  2. ヘルペスウイルスが原因となることの一つに角膜ヘルペスがあります。角膜ヘルペスは、症状としては上皮型、…
  3. ヘルペスウイルスに感染すると様々な症状が起きますので、できるだけ感染しないことが重要です。ヘルペスウ…
  4. ヘルペスウイルスが原因になっている帯状疱疹についてここではみていきましょう。帯状にできることから帯状…
  5. 性器ヘルペスを知っていますか?性器ヘルペスというのは性器にヘルペスウイルスが感染している症状のことを…

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP